スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
秋の一大イベント
 Shinyanが幼い頃、秋の作業の恒例行事と言えば
ヤハリ・・・・『稲刈り』でしょう!!!

 当時は(とはいえ、未だ35年位前の話だが・・・)農業も今ほどに近代的にはなって無く
『田植え』や『稲刈り』等は近くに住む仲の良い人達や親戚の人等も手伝いに来てもらってする一大イベントだった・・・
中でも『稲刈り』は稲作の最大イベントと言っても良い
今のように“コンバイン”を使った『稲刈り』では無く、あくまでも、人力が基本だった。
大人たちが鎌を手に「ザクッ♪ザクッ♪」っと音を立てながら稲を刈る姿は、Shinyanの思う、農業の原点である
幼かったShinyan達は大人の目の届く所に居る為に、その日は田んぼで一日過ごす事になるんだが
それは必ずしも苦痛ではなかった
こういった農作業には休憩が必ず付き物で
しかも、Shinyan家では“フルーツ牛乳”もしくは“コーヒー牛乳”と“パン”が付き物だった
それに『稲刈り』の季節は『二十世紀梨』が加わる・・・・
とこうなると、全てが大好物だったShinyan にとっては素晴らしい一日になる訳である
『田植え』に関しては結構早い時間に終わるんだが・・・・
『稲刈り』の場合はそうは行かない
なんせ・・・・イナキを組み立て組みあがったイナキに稲を干す所までが日程である


0234f942.jpg
  (  イメージ  )  ※Shinyan家もこんな風に高い奴だった・・・

ココでもチビッ子達にはご褒美が・・・・
イナキが組み上がると
イナキの一番下の段に紐やロープを使って“ブランコ”を作ってもらえるのだ!!!
自分の家の田んぼで自分達の為のブランコ・・・こんな贅沢があるだろうか・・・
(まあ、イナキに稲を干しだすとスグに撤去されるんだが・・・)
ブランコで遊んだのも幼少の頃だけで小学校も高学年になると稲を投げる役を仰せ付かり
一応、微少ながら戦力にはなっていた筈・・・・??

今ではイナキを見掛ける事も少なくなり
コンバインが活躍してアッと言う間に『稲刈り』も終了する
それはそれで素晴らしいんだが・・・・・
Shinyanにとってはあの頃の秋がとてもかけがえの無い懐かしい時間である
(じゃあ、お前がしろと言われると非常に困るんだが・・・・手伝いに行くんで誰かしてくれないですか??)
今でも、フト見上げた青くて高い空に浮かんだ秋の雲と稲の切り株の匂いは忘れられない
スポンサーサイト
2008/09/15 22:50 | ノスタルジイ | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<順延の余波 | ホーム | 走る男>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinyan40.blog27.fc2.com/tb.php/663-e7ce073d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。