スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
落語
 先日、『娘さん』の学校行事で落語鑑賞会があった
時間の都合がついたんで、友人と二人で出掛けた・・・・
(平日の午後なんで、カナリの自由人しか参加出来ないんだが・・・・
        参加できた、Shinyanと友人はカナリの自由人と言う事になる・・・・)
バイク好きな友人とバイクに二人乗りで出掛けた・・・
(エエおっさんが二人乗りで出掛けるなんて・・・・・カナリ怪しい・・・)
落語の方は、人間国宝の『桂米朝一門』の方々・・・・

最初に“桂 南光”師匠が落語についての解説をしてくれた
M93-0856.jpg
落語のルーツや上方と江戸落語の違い
現在の上方落語の系図、それに落語の小道具や演目についての説明等を
演者の方をおいての説明でした・・・
説明はわかり易く、掛け合いも巧妙で面白かった
落語家さんは“桂 紅雀”さんでした
news16_2.jpg

 次は“桂 こごろう”さんでした
news13_6.jpg
ここからは、ネタの始まりですが、まくらが結構面白くて笑っちゃいました・・・・
しかし、高座に上がって一身に客の視線を集め演じて
笑をとるのは難しくて、快感でしょうな・・・・・

次は“桂 都んぼ”さんが南京玉簾の実演をしくれました。
020408.jpg
この方も、まくらは大層面白く、Shinyanの『娘さん』はこの方のまくらが一番だったと申していました
しかし、落語家の方も落語だけでは無く、南京玉簾や三味線、太鼓等の習い事等もきっと積極的にするんでしょうね・・・

さあ、トリは“桂 雀々”師匠です
この方の落語が一度生で聞いて見たかったんです・・・・
d2114daa.jpg
演目は『動物園』・・・・
しかし、師匠と弟子と言うのは・・・・段々と似てくるものです
でも、師匠とはヤハリ何かが違うオリジナルなんですよね・・・・
まくらは、前回同じ会場で演じた時の事でした、前回は老人会で1000人の前で演じたとの事
司会の方が名前を忘れられ「お前!誰や!!!」とマイクで聞かれたらしい・・・・
この話が最高に面白くて、久々に涙を流して笑っちゃいました・・・・
ネタの方もカナリ面白く、グイグイと引き込まれアッと言う間に時間が過ぎちゃいました。

 落語なんてナカナカ身近には無いけれど、これからは機会があったら、是非又行きたいと思いました
もっと、色々な人の色々なネタを是非、LIVEで観てみたい!!!!
すっかり、落語に嵌りかけた一日でした。
スポンサーサイト
2008/09/04 23:28 | 落語 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<< | ホーム | アカンで・・・おもろすぎ・・・>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinyan40.blog27.fc2.com/tb.php/658-a46b14e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。