スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
格の違い
 昨晩『世紀の一戦!!!』なんて言われるタイトルマッチがあった
日本人同士のタイトルマッチも久々だけど
片や雑草育ちで最高齢防衛記録の懸かった試合
もう一方は、態度や品格等はさておきエリート街道を歩み、この試合に国内最年少王者記録の懸かった試合
それに、前哨戦も丁々発止あり完全に“善玉VS悪玉”の構図
プロ同士の試合なんだからそれはそれで良いんだけど
もっと面白い試合になると思ってたんだけどな・・・
勿論“内藤大介VS亀田大毅”戦のはなしである

 まあ、基本的にコレまで戦ってきた経験や相手が違うんで結果は想像出来る訳だし
どれ位の“メッキ”だったのかが知りたくて
又、その過程が見たいんで見てみた・・・・・

 やはり問題にならない位、経験の差が露呈した
ラウンドが進むに連れて、その差は開くばかり・・・・
4ラウンドに一度ジャッジの経過が発表されるんだけど二度目の発表が終わった辺りから
試合は“茶番”へと変わって行った・・・・
相手を摑んで共に倒れ、パンチをしてみたり
相手の腹に、頭を持って行ったり
挙句には、摑んで投げてみたり
Shinyanは次は絶対に“耳を噛み切る”んだと思っていたんだけど・・・・・・
(流石に、そこまではしなかったか・・・・・・)
nagewaza.jpg
しかし、プロの試合、しかも世界戦でこの内容・・・・
ボクシングのルール自体理解出来てるのかな?????
良いのかなコンナ奴にライセンス交付して良かったのか?????
でもって、更にガッカリさせられたのは今日のこの記事
『亀田父の処分必至=反則指示でJBCが検証へ』
の中のコレ「父親が急所を狙えと指示し、興毅がひじで目を打てと発言したのをビデオで確認した」
一体どうなってるんだか・・・・・
そしてこの記事『亀田パパ「大毅の反則行為は、故意ではありません」』
(呆れちゃったんで内容の方は確認を・・・・・)
しかし、この後に及んでこの弁明・・・・・あり得無いっす・・・・
この試合で一家の格を上げる事も下げる事も出来た千載一遇のチャンスだったのに・・・・
見す見す見逃すなんて
oyaji.jpg
プロデューサーとしては失格やん・・・・亀田史郎さん
 しかし、試合前の会見時にはご覧の通り立派な“金メッキ”が施してあったんだけどな・・・・
kinmekki.jpg
でも、会場からの試合後の「腹を切れ!!腹を切れ!!」のコールには失笑しちゃった
でももう、『腹を切った』も同然やん・・・・
まあ所詮、格が違うんや格が・・・プロとしても人としてもチームとしても・・・
スポンサーサイト
2007/10/12 21:35 | 格闘技 | コメント(3) | Trackback(1) | pagetop↑
<<今シーズン終了です | ホーム | 睡眠不足>>
コメント
亀田の肩を持つつもりはありませんが、4Rの後のジャッジを見るまではアナウンサーや解説者も含めて大毅の優勢勝ちを確信していました。それがジャッジを見たとたん手のひらを返したようにチャンピオン優利という見方に変わってしまいました。

何故今回の試合では八百長だと言う声が上がらないのか不思議でなりません。有効打よりも無駄な手数を採点に入れるとは世界戦をなめているとしか思えません。

私にはチャンピオンのボクシングは本当にゴキブリのようなボクシングだったと言う印象しか残っていません。

反論しているようで申し訳ありませんが、最近の世間の風潮として正しいものの見方が出来ていないマスコミの煽り方に辟易していたのであえて書かしてもらいました。私は決して亀田家のファンではありません。
SAMARQAND * URL [編集]2007/10/13 00:03
基本的に、マスコミは大勢側に付くのが基本だと思っているんで、情報が正しい違っているは個人が判断すれば良いと思っています。

今回の試合の結果や風評に関しても同じだと思っています
有効打より手数が優先されるのはこういった試合では常識的にある事だと、自身は認識しています
しかし、ジャッジは第三国の三人でしたし、試合のマッチメイク自体も協栄側主体であった様に感じます
問題は劣勢が解った後の、ボクサーとしての態度だと思います
“ゴキブリ的なボクシング”も言い方を変えれば“老獪”と言う事になるのではないでしょうか・・・??
まあ、自身も内藤のファンではありませんが・・・
後半の挑戦者の態度とセコンド陣の翌日のコメントにはガッカリしたもんで・・・

コメントありがとうございました。
Shinyan * URL [編集]2007/10/14 00:53
ご返答ありがとうございます。確かに後半の反則はやってはいけない事だと思っています。あれが無ければもう少し亀田側への温情もあったでしょうけど、4Rまではチャンピオン側は半べそかいていたのは事実ですので、あれで勝ったつもりになっているチャンピオンにムカついていただけです。

どちらにしても褒められる試合ではありませんでした。阪神は残念だったですね。
SAMARQAND * URL [編集]2007/10/15 00:12
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinyan40.blog27.fc2.com/tb.php/559-76b91425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
亀田史郎
亀田史郎亀田史郎(かめだ しろう、1965年5月22日 - )は、協栄ボクシングジム|協栄ジム所属のボクシングトレーナー。亀田三兄弟の父親にして、三人のボクシングの指導者。三兄弟がボクサーとしてデビューし、報道における露出が多くなるにつれて、トレー そらのblog【 2007/10/16 03:47 】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。