スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
阿部典史
 バイクのロードレースの世界には、何年かに一度突拍子も無い選手が現われる
その選手は、初参戦のカテゴリーでサラッと優勝してみたり、シリーズチャンピオンにアッサリなってしまったりする
そんな選手は大抵、今迄のスタイルを変化させた新しい乗り方を魅せてくれる
Shinyanが夢中でレースを見ていた頃、そんな選手が現われた・・・
彼の名は“阿部典史”彼の走りを初めて見たのは“鈴鹿”しかも“S字コーナー”の辺り
不安定な挙動を見せるバイクを操り、区間タイムは常に上位・・・
何が違うのかはその時は解らなかったんだが、後で前輪に荷重が掛かった乗り方だった事が解る
バイクやチャリでもそうなんだけど、前輪に荷重を掛けると非常にバランスが取り難い
ところが、彼はそんな乗り方であの“化け物マシン”をフラフラさせながら操っていた・・衝撃的だった
そんな彼が、世界に行くのにそんなに時間は掛からなかった・・・
そんな彼の活躍を『世界の最高峰で日本人初のシリーズチャンピオン』と言う
期待を持って観ていたのは、Shinyanだけじゃあ無い筈・・・

 そんな彼が、昨晩バイク事故で亡くなった・・・・32才だった・・・・
今年から彼は全日本に戻ってきてレースをしていた
彼のHPには先頃レースで亡くなった“沼田憲保選手”に関する記事があり
その中で彼はこう綴っている
『例え技術のある彼らのような選手でさえ、避けられないアクシデントもある。
彼らほどのライダーがこんな目に遭うようなことなら、自分に降りかかっても絶対に避けられないだろう。
 危険は未然に防ぐしかない。そのことを強く感じた。』
そんな彼が公道で、バイクに乗っていて事故で亡くなってしまうなんて・・・・
なんて事なんだろう・・・
自分が見出した“ライダー”のスポンサー捜しに一役買った事もある
(身近な所にTELが掛かってきたんで事実なんですが・・・)
もう、何処に行っても彼の“あの走り”を見る事は出来ない・・・
残念だ・・・・Norickの冥福を祈ります・・・・
01508.jpg
ありがとう“NORICK”・・・・
スポンサーサイト
2007/10/08 17:52 | around shinyan | コメント(0) | Trackback(1) | pagetop↑
<<憩いのひととき | ホーム | おいおい・・・>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinyan40.blog27.fc2.com/tb.php/556-d3e1b587
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
沼田憲保
沼田憲保沼田 憲保(ぬまた のりやす、1966年4月26日 - 2007年9月4日)は、茨城県日立市出身のモーターサイクル・ロードレース (オートバイ)|ロードレースライダー。雨天でのレースに定評があり、「雨の沼田」の異名をとった。生涯デビュー~全日本時代19 みつきの記録【 2007/10/11 09:03 】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。