スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
拮抗する力・・・天皇賞(秋)回顧
 悠仁親王殿下御誕生慶祝と言う、良い肩書きが就いた
今年の秋の天皇賞・・実力が拮抗して上位人気馬には勝てるチャンスがあるレースだと見た・・
(ココまでは違って無かった・・・・)
こうなると、気になるのは前走の成績
舞台も同じ『毎日王冠・組
現役牝馬で最強の呼び声高い女傑が制した『京都大賞典・組
他には、北海道で古馬を一蹴した馬が居たり、北海道の地方厩舎の管理馬が居たり
と、混戦模様・・・・

 レースは“インティライミ”が予想外のペースでレースを引っ張り
思った以上に高速なレース展開に・・・・この時点で今回のShinyanの軸馬の出番は無くなってしまった
(ココんとこ調子良かったから・・・つい・・・・)
こうなると、勝馬にピッタリな展開に・・・・
展開がハマルって言うのはこういうのを言うんだな・・・
余力を残した感じで、G1二勝目・・・結構強いよねダイワメジャー
daiwa.jpg 20061030231703.jpg
レースには色々なレースがある・・・
展開を自ら作れる程、強い馬も居る
コースが嵌れば、バッチリ好走する馬も居る
展開が合えば、スッキリ勝てるそれも実力・それも運・・・・
ダイワメジャーがマイルに出てきたら、今度は軸に
でもでも、鞍上は“安藤勝己”なんだよな・・・・

スポンサーサイト
2006/10/30 23:29 | 競馬 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
<<諸刃の刃 | ホーム | エンターテイメント>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinyan40.blog27.fc2.com/tb.php/377-cfa436c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。