スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
バルト海と・・・
 今日の夜、何気にスポーツニュースを見ていたら
明日から開催される、大相撲九月場所の『稽古総見』の様子が流れていた
今日の稽古総見では、ある力士に注目が集まった・・・
現横綱で現役最高力士の『朝青龍』を5番4勝で圧倒した『把瑠都』(バルト)と言う力士である
スポニチの記事によると「エストニアの怪人」らしい
TVで見てると5番目等は、一体どちらが横綱なんだか??
“力”でグイっとねじ伏せた・・この力士顔つきも俗に言う“外人顔”で好感が持てる
BARUTO.jpg
日本名は把瑠都 凱斗(バルト カイト)・・・エストニア出身だからってこの名前は・・・チョット
初土俵が平成16年五月場所で新入幕が平成18年五月場所っていうんだから
早い出世ですよね・・・コレは後が楽しみです

 しかし最近の大相撲は外国人力士が素晴らしい活躍をしている
一昔前は、外国人力士と言えば「ハワイ出身」が殆どだったが
今では、その国も幕内だけでもモンゴル/ブルガリア/グルジア/ロシアと豊富である
(そのうち、モンゴル出身は7人と一大勢力になっている)
国技とは言っても、やはりスポーツの一つとして相撲を選ぶ日本人が減っているのが現実なんだろうと思う
“千代の富士”“若・貴”の頃はエライ人気だったんだけど・・・
相撲中継を見ていても
今では“満員御礼”の垂れ幕もアマリ見かけないもんね
(そう言うShinyanも相撲中継を見る事が大分、減ったんだけど・・・)
これからは、日本人VS外国人力士の構図ではなく
外国人力士VS外国人力士・・・つまりは「ファンクスVSブッチャー・シーク組」の「世界最強タッグ」の様な視線で見ていく方が良いのかもね・・・
結構面白いかも・・・大相撲



スポンサーサイト
2006/09/09 23:43 | 格闘技 | コメント(0) | Trackback(2) | pagetop↑
<<進化の成果 | ホーム | 馴染めない・・・>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinyan40.blog27.fc2.com/tb.php/333-18a30dcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
把瑠都凱斗把瑠都凱斗(ばると かいと、1984年11月5日 - )は、エストニア|エストニア共和国ラクヴェレ県出身で尾上部屋(入門時は三保ヶ関部屋)所属の現役大相撲力士。本名はカイド・ホーヴェルソン (Kaido H??velson) 。身長197cm、体重174kg、血液型A型。最高位は東前 大相撲情報局【 2007/10/12 22:48 】
把瑠都凱斗把瑠都凱斗(ばると かいと、1984年11月5日 - )は、エストニア|エストニア共和国ラクヴェレ県出身で尾上部屋(入門時は三保ヶ関部屋)所属の現役大相撲力士。本名はカイド・ホーヴェルソン (Kaido H??velson) 。身長197cm、体重174kg、血液型A型。最高位は東前 大相撲情報局【 2007/08/01 09:12 】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。