スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
俺は嫌だな
 先日、新聞記事で驚く記事を見つけた
お葬式:カメラ付き携帯で最期の顔パチリ 困惑派・理解派
時代が変ったのか??新しい風潮なのか??
勿論、Shinyanは困惑派である
幾度か葬儀に参列して、幾人かの“お顔を拝見”してきたが
安らかな顔は、あくまでも“亡くなられた顔”にしては安らかなのであって
決して“良い顔”では無いと思う・・・
失礼だが、やはり生前の顔の方が良いに決まっている
それならば、生前にもっと写真を撮っておくべきだと思う
何故??亡くなってからの写真なんだ???
ましてや、撮られた家族にしても「何するんですか!!」なんて
強くは言えないだろうし・・・
(一部には“撮ってやって下さい”なんて言う家族もいるらしいが・・)
亡くなった当人が頭に“三角の布”を付けて
「撮るな!!」なんて言えば、これはもはや出来の悪い“コント”
になるわけでして・・・
で、撮った写真はその後どうするんだろう??
皆に見せる??そりゃ無いやんな・・・
そしたら、自分で見る??だとしたら何故?棺の中の顔なの??
話は結局そこに行き着く・・・
ヤハリ・・・全くもって理解できない・・・
エライ時代になったもんだ・・・・
ヨーーーシ決めたぞ!!!
俺は、覗いた人が笑える顔で棺に入ってやるんだ!!
笑えて写真が取れない位のファニーフェイスで!!!
funny_face.jpg

スポンサーサイト
2006/03/04 23:35 | around shinyan | コメント(6) | Trackback(0) | pagetop↑
<<○たちの武蔵/MUSASHI | ホーム | いよいよ>>
コメント
へぇ~!本とおかしな時代になったもんだわ。
わたしも困惑派。
見納めだから?最後に思い出として?ってことかなぁ。

写真にわざわざ残さなくっても心に残しときゃーいいのよ。
ちいたけこ * URL [編集]2006/03/04 23:59
心に残すんだよ、心に・・・
そうやんな!!
Shinyan * URL [編集]2006/03/05 00:10
こんばんは^^

以前オイラのブログで話した南極観測船しらせの後日談。叔父は闘病の末1/31に他界しました。もちろん息子は南氷洋の上。叔母は息子のために亡くなってから入棺するまでの姿を沢山撮影したらしいです。お通夜の日からオイラは撮影班で活躍したのですが、遺影は撮影しましたが棺の中の尊顔は撮影しませんでした。『昨日沢山撮影してあるから撮ってください。」とは言われましたが撮れませんでした。やはり心に納めるべきだと考えます。オイラが仕事で撮影していたのなら、撮ってくださいと言われれば撮ったでしょうが、あくまで親族として気持ちでやらせていただいたことなので自分の主義を通して遠慮させていただきました。

いろんな状況はあるにせよ、オイラも撮影はしないべきと思います。
midojun * URL [編集]2006/03/05 03:50
そうですか、亡くなられたんですか・・
息子さんと叔父さんの、その心中を察すると色々複雑な気持ちになりますね・・
はやり撮影するのは考え物ですよね・・・
息子さんに見せる為なら、納得は出来ますが
Shinyan * URL [編集]2006/03/05 21:26
うちの叔母が無くなったとき、それまで従姉妹がずっと看病してたんだけど、毎日携帯で写真を撮ってました。従姉妹は自分のデジカメ持ってませんし、携帯ならみたいときに母親の顔が見られるからだと思います。
亡くなるまでずっと撮り続けてたんで、亡くなった顔も最後にとってると思います。
肉親内だけに許されるものでしょうね。
ぴかぴか * URL [編集]2006/03/06 14:17
やはりケースバイケースですかね
でも、流石に参列者がパチリは・・・ねえ
Shinyan * URL [編集]2006/03/06 23:06
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinyan40.blog27.fc2.com/tb.php/148-0386f222
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。