スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
ヒーローショウ
 皆さんは“超人バロム1”なるヒーローをご存知かな??
小学校2年生位の時に初めて見に行ったヒーローショウである
それは、Shinyanの心に思わぬ傷を残す事になる・・・

 Shinyanの実家はカナリの田舎で、農繁期の終る11月になると
カントリーエレベター(お米の収集場所)で“農協祭り”が催される
20060220223306.jpg
「カントリーエレベーターの“イメージ”」

 その祭りはカナリ、マニアックな祭りで和牛の体重を当てるクイズだとか
農機具の展示即売等が行われる、農協が主催する年に一度の祭りである
又そのフェスが結構な集客数を動員するフェスで
臨時バス等もJA(当時は農協)が用意する程だった
その、イベントの一環で“超人バロム1”ショウが行われた
俺たちチビッコが楽しみにしていたのは言うまでも無い
ショウは滞りなく行われ
効果音も無く、寂しい靴音のみをバタバタさせながら
バロム1が無事○○ゲルゲをやっつけて終了した
そして、サイン会を待つ事となった・・
30分位はあっただろうか・・・
その時、周囲をウロウロしていたShinyanはとんでもないものを見てしまった
20060220224434.jpg
カントリーエレベターの片隅で
ぼくらのヒーロー“バロム1”が先程倒した怪人と
頭の部分を横に置きその頭の上に肘をおいて煙草を吸いながら
にこやかに談笑していたのだ・・・
当時、カナリ純粋だったShinyanは小学2年にも関わらず・・
結構、マジにヒーロー像を構築していたもんだから
相当ショックだった・・・
サインも(結局貰ったんだが)相当チンケなものでナケナシノ100円を出さなきゃ良かった・・・
なんて、後悔しながら帰路に着いた・・・・
幼少のShinyanのとっては忘れられない経験だった・・・

 後日、友人の家に遊びに行くと
“バロム1”と書いたサインが壁に飾ってあったが、バロム1の中身については話せ無かった・・・
そいつは根っからのヒーロー好きで
俺より純粋だったんで、話せる筈も無いんだが・・・
(そいつは仮面ライダー少年隊にも入っていた)
まあ、なんにせよ“ほろ苦い、ヒーローショウ”だった・・・
スポンサーサイト
2006/02/20 23:10 | around shinyan | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
<<ROCKなSHOP | ホーム | 蓋を開けたら>>
コメント
そういうヒーローものがあってもいいと、思ってる。

たまたま、打ち上げで夜の街を練り歩いていたライダー1号2号が、ゲート下のおでん屋で、今日やっつけたショッカー雑魚軍団と鉢合わせ。

「まったく、正義の味方だからって、蹴り入れすぎっすよ、手加減してくださいよ~俺たちだってしがないリーマンなんっすから」

とか、

「○○ゲルゲさん(注:伏字)の命令だけど、ありゃ、ないっすよ。襲う相手が幼稚園児ですよ幼稚園児、、ライダーさんからも言ってやってくださいよ。」

てな話を小一時間聞かされて、ゲンナリ。

そこへ、ショッカー隊員妻から電話が・・・
「え、ああ判った判った、すぐ帰るよ。今ライダー1号2号さんとばったり会っちゃって、、え?そりゃ大前、お願いしたさ。手加減してくれって。健康保険利かないから、医者代が自腹なんだからな。じゃーな。切るよ。」

胃が痛くなる1号2号、、、

別れ際に、
「明日は、マジで本気蹴りは○○ゲルゲさん(注:伏字)だけにしといてくださいよーw」

とかいって、別れたりして。

「ちっ、ケチがついたな。」
「本郷さん、そういや、アマゾンの奴がいい店紹介するって言ってましたよ(笑)」
「おまっ、あいつの言うこと信用したらえらい目にwww外人好みっていっても限度があるからな~」

ああー誰か作ってくんないかな~

そんなコントやってる、オースティンパワーズの1が素敵!
(^皿^)
ぴかぴか * URL [編集]2006/02/22 15:45
そこに、辿り着くのか・・
そういえば「オースティンパワーズ」にはそんな空気感が漂っていますね、気付かなかった・・・
フリークなのに・・・
Shinyan * URL [編集]2006/02/22 20:03
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinyan40.blog27.fc2.com/tb.php/136-5c8d7219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。