スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
地獄の軍団・・・・KISS
 中坊の頃、夢中になって聴いたグループに“KISS”がある
派手なメイクと衣装、それにパフォーマンスで有名な“アメリカン・ロック”の雄である
kiss.jpg

当時の学校では洋楽視聴者の肩身はかなり狭かったが・・・
少ない雑誌の情報を頼りに、「ジーンの血は鶏の血だ」とか
「ポールはメイクで垂れ目に見えるが・・・」等と
仲間達と話のネタも尽きなかったグループでもある。
Shinyanは「Dynasty 」以降はこのグループとは疎遠になって行くんだが・・・
まあ、それはさておき・・・

 友人に物凄いこのバンドのフリークがいる
BOOTLEGは勿論の事、ビデオ、フィギア・・・挙句には
グレコが出していたポールの鏡張りのギターもコレクションの一つである
その友人なんだが、コンサートがある時には必ず出掛ける
何時のコンサートだったかは忘れたが
その、友人がとうとう“3DAYSレンチャン”で行ったらしい
その友人が曰く、大体かなりの精度でほぼ同じ場所で
ほぼ同じタイミングで行われるらしい・・・・
それを、聞いてShinyanが思いついた事がある
彼らのパフォーマンスはもはや伝統芸能の域に来ているのではないか・・・???
(メイクも歌舞伎を参考にした筈なんで・・・・)
いつかは、彼らも年老いて火の変わりに、入れ歯を吹く日が来るかもしれない・・・?
一応、ネイキッドの公演以外はステージではメイクしているんで誰かは解らない・・・
で、どうだろう???
KISS世襲制論・・・!!!
“2代目ジーン・シモンズ襲名公演”
“3代目ポール・スタンレー顔見世興行”等とウテル公演の種類も増える
どうだろう???このアイデア・・・・??

 しかし、一度は遠のいたんだが、改めて今のKISSを考えて見ると・・
デビューの1973年から変らずに、あのパフォーマンスに、あの音楽・・・
それは、素晴らしい事だと思うし、最近は又聴いたりも見たりもしている
やはり、掛け値なしに楽しめるし、面白い♪
“継続は力なり”そんな格言が頭をヨギッタ・・・
ササッ皆様・・・「Rock And Roll All Nite」♪







スポンサーサイト
2006/02/05 23:09 | MUSIC | コメント(4) | Trackback(2) | pagetop↑
<<常連かも??? | ホーム | 鮮魚売り場にて>>
コメント
だからキッスは凄いんだよ、大道芸人のプロ、だから。自分の周りにもキッスフリーク多いなぁ。年取るとどんどんそういうのが増えてくる。だから二代目ジーン襲名とかありかもなぁ。
フレ@ロック好きの行き着く先は? * URL [編集]2006/02/06 23:32
そうなんですよ、年を繰ってから良さが解るって言うのは、俺にはこれだったのか・・・といった感じです
是非世襲で続けて欲しいです・・まあアリエナイでしょうが・・・
Shinyan * URL [編集]2006/02/08 21:27
shinyanさん、はじめまして!
小生のブログではコメント本当にありがとうございました。
またTB返しもありがとうございました。
KISSのパーフォーマンスは観ていて楽しかったですね。音楽もバッチリ、ヴィジュアルもバッチリのハシリのバンドでしたね。
これからもよろしくおねがいします。
湘南のJOHN LENNON * URL [編集]2006/02/19 13:55
コメントありがとうございます
当時はまだ純粋だった俺は
最初はもうKISSと言うバンド名にも打っ飛びましたが・・・
(後にSEX PISTOLSでえらい事に・・・)
でもやはり、あのメイクでしょう
教科書の“ラク顔”はいつもKISSメイクでしたよ・・・(失笑)
コチラこそヨロシク
Shinyan * URL [編集]2006/02/19 20:23
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinyan40.blog27.fc2.com/tb.php/120-e9dff1a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「Destroyer」  KISS
「Destroyer」  KISS まだヘヴィ・メタルというジャンルが確立されていない頃、ディストーションをギンギンに効かせた重くパンチのある演奏で小生を夢中にさせたバンドはKISSだった。ジャンルで言えばハードロックだが当時人気があったハードロックバンドは、Deep Purpleや 湘南のJOHN LENNONの独り言【 2006/02/18 11:43 】
KISS -Alive-
 ヴァン・ヘイレンはアマチュア時代に何百曲というカバー曲のレパートリーを持ってクラブ出演しまくっていたと云うが、ストーンズがツアーを行う際でも100曲くらいはレパートリーとし ロック好きの行き着く先は…【 2006/02/06 23:32 】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。