スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
桂 吉弥 独演会
 カナリ前の話になるが(blogの更新をサボって居たんで仕方ないが)・・・・
Shinyanが暮らす街から1時間程度北に行った町ねホールで『桂 吉弥 独演会』が催され
Shinyanの『息子さん』と一緒に参会してきた・・・・
『桂 吉弥』さんは最近の落語ブームの立役者の一人である
某国営放送の朝の連続テレビ小説『ちりとてちん』の「徒然亭草原」役で出ていたあのお方である
蜷雲convert_20091005233328
その語り口は柔らかく品があって表情が豊富で大好きな噺家さんの一人である
それに、何時もは一人で行く落語会も今回はナント!!!本人の希望で『息子さん』と一緒に・・・
親が言うのも何だが、この『息子さん』あんまり勉強のほうは苦手みたいで・・・・
落語を聴きに『行ってみたい』と本人は言うものの・・・・
人の話を聴いて想像を膨らます落語が楽しめるのかな??なんて思いつつ会場に入った
地方の町の会場らしく、入場者に年配の方がカナリ多い・・・

『吉弥』さんの落語は3題
『皿屋敷』『ふぐ鍋』『七段目』の3題
流石独演会・・・・吉弥ワールドを堪能出来ました
それにコノ独演会・・・チケットが安い・・・・なんと1000円・・・・イマドキ・・・・コノ価格・・・・良心的・・・・


若手の演者の落語の最中に客の携帯の着信音が鳴ったりして・・・
ドギマギしたが、雰囲気の良い実に良い会だった
思春期の彼との距離感が掴みきれない今
『息子さん』と実に良い時間が持てた、又来年も開催されたら来ることにしようっと
と、思いつつ会場を後にした。

落語最高!!!





スポンサーサイト
2009/11/15 23:06 | 落語 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。