スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
HAPPY BIRTHDAY
 昨日は、Shinyanの『娘さん』の誕生日・・・・
「幾つになったん・・・??」と聞くと
「17・・・」との事
なんて話を友人達としていると・・・
一人の友人Aが「南佐織やな・・・」
「えっ森高千里やろ・・・」ともう一人の友人B
「いやいや、尾崎豊やろ・・・」とShinyan
察しの通り、年齢的には“友人A>Shinyan>友人B”とこうなる
同じ17才から連想する曲や人がこうも違うなんて・・・
コレが10才も離れたら、又全然違うんだろうな・・・・
これをご覧の貴方は“17才”と言ったら誰の世代???


 とまあ、友人たちの話はここいら辺にして
話は本題に・・・・あれから17年か・・・全く時間なんて速いものだ・・・・
毎年誕生日はそう思いながら暮らす・・・
産まれた日も雨だった、そしてほぼ毎年雨が降る
季節が季節だから当然と言えば当然なんだけど、雨が降ると余計に思い出す
あの日の俺は『多分今日、世界で一番幸せな男』だと、そう思いながら一日暮らしたなあ・・・
事実そうだったなあ・・・
色々な事があったけど、もう17年か・・・まだ17年か・・・
これからもきっと、色々あるだろうケド・・ソレはソレで良いって事で・・・
又、この一年が君にとって素晴らしい一年でありますように・・・・・『誕生日おめでとう!!』





スポンサーサイト
2009/06/24 19:47 | around shinyan | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
雨天休止・・・
 気合を入れて今日も走るつもりが・・・
夕方からの雨で雨天休止・・・まあ、3日走って1日休みの一応休息日だったから
良いと言えば良いんだけど・・・
休日前なんでヤッパリ走りたかった
それに今月は過去最高のペースで距離を刻んでるんで今日は一気に距離を伸ばしたかった所
明日はこんな天気でも“GO”のなるとは思うんだけど・・・
ヤッパリ雨の日は気分が乗らない・・・・・
季節的には雨なのか汗なのか解らない感じにはなると思うんだが
どうも靴が嫌な感じになる
まあ良いさ今月が駄目なら又、来月
ソレが駄目なら、又、次・・・・・未だ時間も季節もタップリあるんだから
生涯の趣味だろうし、雨なら休んで良いんだろうな・・・
3601809289_b116db9df7.jpg
しかし、このお方・・・雨でも傘さして走っているらしい、しかも毎日60km・・・素晴らしい・・・
応援しよう!!!!
    『間 寛平 アースマラソン』

2009/06/20 22:31 | around shinyan | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
桂米朝 一門会  ~野洲文化ホール~
 6月7日の日曜日に『桂米朝 一門会』を観に野洲文化ホールに出掛けた・・
電車で2時間位掛かるんだが、出演される噺家さんの面子が良いので思い切って出掛ける事にした
チケットの手配が後手に廻り、お世辞にも良いとは言えない席だけどココは少し辛抱・・・
会場時間位に現場に着き会場を待つ事に・・・・
落語会は何処に出掛けても若干年齢層が高い・・・Shinyan等はこの会場ではカナリ若い方である
時間になって会場に入って席に着くと後ろの方だが、結構舞台もシッカリ観れる場所だった
ココは今まで行った大きな会場より席が急な感じで設けてあって、どの席からも良く見えるみたいだ・・・
021_convert_20090617001841.jpg

 程なくして出囃子が鳴り会が始まった
最初の演者は“桂 さん都”この方は”桂 ざこば”の一番弟子”桂 都丸”の弟子である
つまりは“ざこば”の孫弟子という事になる
“枕”と呼ばれる落語に入る前の話が始まったんだがどうも声が聞こえ辛い・・・
隣の夫婦も同じような事を話していた・・・マイクの調子が悪いのか、PAの設定が甘いのか?
まあ、どちらにせよこの落語会を楽しまなくては・・・
気合を入れなおして落語に集中したいのだが・・・
“枕”が終わり落語に入った辺りから急激に『睡魔』が襲ってきた・・・・
ココが思案所である、断腸の思いでこの演者の会を寝てしまうか騙し騙し切り抜けるか・・・
重大な決断が必要になって来るんだが・・・
決めかねている内に現実と夢の間を行ったり来たり・・・・来たり行ったり・・・・
そうこうしてる間に『つる』が終わってしまった・・・結局現実と夢が3:7位だった(後悔)
しかし、こうして始めの方に出て来られる噺家さんは比較的、リズミカルに同じような抑揚で話されるので夢の世界に行き易い
Shinyan的にはあの睡魔の具合で3:7だと自分が良く頑張ったほうだと思う・・・・しかし少し反省・・・

 お次の出番は『桂 吉弥』某国営放送の朝の連ドラに出て以来大人気の噺家さんである
Shinyan自身もチョット暖かい感じで噺っぷりに色気があって好きな噺家さんである
枕はいつも通り大爆笑!!!
演目は『親子酒』酒好きな親子の酔っ払いの話なんだが・・・
吉弥が演じる酔っ払いは非常にキュートである、まあ可愛気が無いと落語的な噺にはならないけど・・・
ソレを差し引いても特別キュートである・・・Shinyanも一気に目覚めた!!!
人を引き込む話術は睡魔に勝るのである・・・素晴らしい!!!
013.jpg

 次は『桂 南光』師匠の出番・・・しかし名前と顔が一致する落語家さんがこう次々と出てくるのは贅沢な会ですな・・・
枕は『桂 米團治』襲名披露公演の珍道中・・・・笑える・・・面白すぎ・・・最高。。。。。。
演目は『義眼』・・・・コレは初めて聴く話なんだけど導入部が凄い
「新しくした眼の具合はどうですかな?」で始まる・・・・枕からイキナリそれである。。。面白かった
南光師匠は何時も飄々とした感じで話されるがその空気感が面白い
2_01.jpg

 コレで中入り
中入り明けは『桂 雀々』師匠の出番
Shinyanが最も好きな落語家さんでこの方は肉体系落語家とでも言いましょうか・・・
躍動感溢れる舞台でさながら活動写真的な(あくまでも映画ではない)落語を聞かせてくれる
演目は『代書』この演目実に良く当たる・・・・コレで三度目である・・・
しかし何度聴いても面白いのが落語の不思議なところ・・笑えた・・・面白かった
天職って言うのはこの人にとっての落語なんだと何時も思う
で、ソレが実際こうして生で聴ける・・・・実に至福の時である
20090618jy.jpg

 本日のトリは『桂 米團治』今回はこの噺家さんが一番楽しみにしていた
何度かTVでは高座を観ていたが生では初めて・・・・
襲名披露公演ではチケットの手配が全て後手に廻って一度も観れずに居たもんだから愉しみにしていた
高座に上がって居るだけで華がある・・・流石に努力するサラブレッドは違う・・・
演目は『皿屋敷』面白かった、ヤハリ艶があった・・・又是非観たいと思った
20090518.jpg

 しかし、落語会と言う奴は・・・・・
行く度に深みに嵌りドンドン浸かって行く、観たい噺家さんが増え聴きたい噺も増えて行く
もう、抜け出す手立ては無い・・・・電車に揺られて2時間行く価値は充分過ぎる位あった
実に良い会だった・・・・・面白かった・・・・・又行こうっと・・・






2009/06/16 23:43 | 落語 | コメント(1) | Trackback(0) | pagetop↑
三人の女
 先頃出掛けた、電車の中でShinyanは結構始発に近い駅から乗ったので無事二人掛けの席に座ることが出来た
次の停車駅で、若い女性がShinyanの横に座った・・・コレが一人目の女と言う事になる
彼女は座った直後から、睡眠一直線で最寄の駅に着くまでその姿勢を崩さなかった・・・・
何分、電車の移動に不慣れなShinyanにとっては全てが興味深々で、隣に座る人が気になるのも仕方ないと思う・・・
隣で睡眠してたであろう女性は年の頃なら20代前半、どこかのお店で接客をしていそうな感じだった
最寄の駅近くになると目を開けアッサリ降車していった・・・
 
 入れ替わりに乗ってきたのが、20代中頃であろう女性・・コレが二人目の女と言う事になる
この女性は座った時から、鞄の中をゴソゴソ、ゴソゴソ・・・
そしてその鞄から出て来る出て来る、謎の小容器・・・
その小容器から何かを出しては、手で伸ばしアチラに塗り塗り、コチラに塗り塗り・・・・
そんなに大きくない鞄から都合10種類は出て来ただろうか・・・
しかも、ソレが全て化粧品だったから驚いた・・・・
そして降りる駅が近づいたあたりで、綺麗な水引が付いた、祝儀袋が・・・
そうか結婚式だったのか・・・まあ、偶然の出会いがあるかも知れないから化粧も念入りにしたいわな・・・
でも、電車の中でする事じゃ無いやろ・・・・等と思いつつも電車は進み二人目も降りる駅に・・・

 そんで、入れ替わりに横に座ったのがコレマタ20代前半の女性・・・・コレが三人目の女
この方は座るなり、鏡を取り出し瞼の周辺を中心に化粧を始めた・・・
先ずはビューラー・・・・シャドウにマスカラと化粧は続く・・・
しかし、この女性に比べたら二人目だった“小容器の女”等は未だ可愛いものである
ビューラーやマスカラを使う際の表情の面白さと言ったら何とも言えない
Shinyanも寝てれば良いものを・・・興味があり、ナカナカ寝る事も出来ないのが現実だ
家族でない人のそんな姿なんて、余り見ることが無いのでツイツイ見てしまう
特に下のマツゲの手入れをしている際はとんでもない表情になる事を知った
彼女の鏡には多分、目の周辺しか映って無いだろうから気付かないのかも・・・
で・・・彼女が最寄の駅で降りる際にはスッカリ、目元パッチリ女性になって降りていった
しかし、如何に時間が無いとは言え、ヤハリ化粧なんて言う行動は場所を選んで欲しいものである
化粧ってやはり、皆が居る場所で大っぴらにするものじゃあ無いち思うんだよね・・・
(Shinyan的には、車の運転中も密室とは言えマナー的に勘弁願いたいんだが・・・)
masukara.jpg
気にせんかったらエエやんとか見んかったらエエやんとかはチョット無理なんだよね
だって、興味あるやん・・・・・実際

2009/06/14 23:04 | 街で見つけた!!! | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
地名と言う固有名詞・・・
 先だっての日曜日の話になるんだが・・・
『桂米朝 一門会』を聴きに琵琶湖畔にある野洲市に出掛ける事になったんで
まあ、出掛けるついでに足を伸ばして知らない街をブラブラする事にしてみた
(さて、何処に行ったものか・・・??)等と思案を巡らし
結局、目的地の野洲より北に位置する、長浜に出掛ける事にした
単独行動なんで普段は滅多に乗らないJRで出掛けた
       車中での出来事で書きたい事があったんだがソレは又、後日・・・
020_convert_20090610222503.jpg

 琵琶湖の東北に位置する、城下町長浜は結構良い街で2時間位ブラブラするには丁度良い街だった
ガラス工芸が盛んで、駅から歩いて3分程の所にある『黒壁スクエア』なる一角にはガラス工芸の店が結構あった
中でも興味深々だったのが“とんぼ玉”である、その道の作者が作った作品は特に美しく
直径20mm位のガラスの中に小宇宙や海洋生物(イソギンチャクやウミウシ系)の世界が広がって居た
010_convert_20090610223550.jpg012_convert_20090610230954.jpg011_convert_20090610231226.jpg
 何軒かガラス工芸の店を廻り、とあるお店の奥さんと少し話していて、チョット、ドキッとした・・・・
話は長浜についての時なんだが、長浜の沖に『竹生島』という島がある
で、そこの話になった
そこの店のおくさんが『ああ、チクビジマねえ・・・』とおっしゃった・・・・
Shinyanは最初、この奥さんは何を言っているんだ・・・と思ったんだが
でも、ソレがShinyanが思っていた“たけいじま”の正式名称だと知った・・・
それに、事あるごとにそこの話が出て来る
『ここら辺ではもうスグお祭りがあって結構盛大なんで、又いらして下さいね・・・
                               チクビジマでもお祭りがあるのよ・・・』だとか
『鳥人間コンテストでは、チクビジマが折り返し地点で・・・・』とか
『ココの港からもチクビジマにはいけるのよ・・・』といった具合である
話す方は固有名詞で多分、言い慣れてるし聞き慣れてるから平気だろうが・・・
Shinyan的には、上品な感じの奥さんが事ある毎におっしゃるチクビに
      少しドキッとして少し恥ずかしい感じがした・・・・・

まあ、中学生じゃああるまいし・・・・エエ齢こいたオッサンがどう言うこっちゃねんと言う話だが・・・
真実だから仕方無い・・・
 流石に夜尿症の記憶のある感受性の強いShinyanは一味違う・・・
固有名詞でも地名と人名hの読み方は特に難しい・・・・
2009/06/10 23:16 | 街で見つけた!!! | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。