スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
あきらめない事って・・・・・
 今日は、夕方にTVを点けるとお昼にやっていた『大阪国際女子マラソン』の再放送をしていた
注目は代表選考を兼ねた日本人選手の活躍・・・しかも初マラソンの福士選手
まあ、結果はラジオのニュースでアナウンサーが「注目の福士選手は失速して19位」なんて言っていたんで知ってはいたんですが・・・・
オンタイムで見れなかったんで、見てみた・・・
トップの選手が残り5kmだった、福士選手には第二中継車が張り付いて懸命に走る姿を写していた
しかし、この後もっと辛い状況になる・・・
競技場に近づくにつれ、走ると言うよりは歩く感じになり
よろめき、躓き、転倒する・・・
沿道ではファンが伴走し声援を送り
監督も伴走しながら激励する、転倒しそうになると監督の手が出そうになっていた
でも、手が触れると失格になるんで、監督も助ける事が出来ない・・・
何度も転倒する内に転倒の際にも手を着く事が出来ずに顔面から転倒する事も・・・
スタジアムに入ってからも2度、3度と転倒して彼女はゴールを目指す・・・・
スタジアムで観戦なさっている“お母さん”が写されるが・・・
涙にくれられて走る“我が子”の姿をまともに見る事が出来ない・・・
ネットで見た記事にも書いてあったが『競技場が見えた辺りからは記憶に無い・・・』らしい
そりゃあ、そうだろう・・・きっと、彼女は気持ちだけで走っていたんだと思う
走れなくなって諦める事は簡単な事だと思う
それに、選手の今後を考えるとリタイヤの方が良かったなんて思う人も居るだろう
でも、今日のレースを見て諦めない事の大切さや
精一杯挑戦する事の素晴らしさを感じた人も多いと思う
彼女がゴールした時には、熱いものが込み上げ感動した
あきらめない気持ちの強さや精一杯やる事の美しさを見せて貰った
今後彼女がこの競技を続けるかどうかは解らないけど
これからも応援していきたいと思う・・・・
ふくし
しかし、凄いのはこのタイム・・・2時間40分って・・・・
        早すぎでしょう・・・・トップアスリートって一体・・・・・

 今日は、昨年の世界陸上で誘導ミスで失格になった競歩の山崎選手が
20㎞競歩の選考大会で優勝して、オリンピックの20㎞競歩の代表が確実になったらしい
驚きなのはその優勝タイム・・・・20kmを1時間21分40秒で完歩・・・・
昨年Shinyanが参加したハーフマラソンのタイム1時間47分だから・・・
Shinyanが走ったのより20分位早い事になる・・・・トップアスリートって一体・・・・・


スポンサーサイト
2008/01/27 22:41 | 街で見つけた!!! | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。