スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
白馬の王子
  JRA史上初めての事が今日起こったんで、今日は、久々に競馬ネタで・・・・
競馬の競走馬には、種類があって一般的には毛の色の種類で分類される事になる
鹿毛・黒鹿毛・青鹿毛・青毛・栗毛等8種類に分類されるんだが
中でも『白毛』の馬は今迄勝った事が無かった・・・
それが今日の阪神の1R(ダート1800メートル)で見事に勝利した
栗東に安田隆行厩舎の所属の3歳の牡馬『ホワイトベッセル』である
まあ、基本的競馬は血統で受け継がれて行くものなので
勝てない血統は途絶えてしまうのが当たり前の事なんである
だから、『白毛』の馬は珍しいのである
メジロマックィーンやビワハヤヒデ等は毛が白かったがあくまでも『白毛』では無く『芦毛』なんである
 まあ、JRA史上初めてなんだから、Shinyanにとっても初めてなんである
しかし競走馬を見慣れた、競馬ファンにしてみたらこの馬はハッキリ言って“異端”である
でも、これが結構綺麗なんである
f-hr-070401-3301-ns.jpg
これが、パドックの様子なんだが・・・
調教助手の佐藤さんもバッチリ“白装束”で決めている
熱帯魚や蛇などにあるイワユル“アルビノ”では無いらしい
2-0830a.jpg
JRAのHPによると「 この毛色の発現はサラブレッドでは十分解明されていない。
この毛色の産駒は白色またはほとんど白色で生まれるが、眼には色素があり
ピンク色の皮膚の一部に有色の斑点があることから、いわゆるアルビノではない。 」と言う事らしい
しかし、アレだけ種類がある馬なのに未だ『白毛』が勝った事が無いと言う事実に正直驚いた・・・
ま、驚いたのは馬の綺麗さもあるんだろうケド・・・
20070119193501_01.jpg 
スポンサーサイト
2007/04/01 22:35 | 競馬 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
あー
20070401014052
あー良く飲んだ・・・
楽しかった
凄い雷雨の後、月が綺麗だった。
2007/04/01 01:40 | 未分類 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。