スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
WBC 準決勝
昨日、WBCの準決勝が行われた
結果は6-0で韓国を下し決勝に進んだ訳なんですが
実はShinyan当初は結構、冷ややかな感じでこのイベントを見ていた
しかし、試合を重ねる内に徐々に引き込まれていった
“日の丸”を付けて他国で戦う様は、現代の“侍”を連想させた
特に、疑惑の判定を含む“2次リーグ”の3試合はチームのまとまりを感じさせ心を熱くさせた
あの国がメキシコに敗れた時には・・・
正直、こんな事があるんだろうか???と野球の神様に感謝した
そして、「同じ相手に3度負けるのは日本の野球人として許されない」と言った
イチローの言葉を反芻しながら、応援していたこの試合で
勝てたのは心底嬉しかった・・・
松中が2塁ベースを拳で叩き、力を鼓舞したあの瞬間を
福留がホームランを打って雄叫びを挙げたあの瞬間を
多村がフェンスにぶつかりながら、邪飛を捕ったあの瞬間を
タイムリーを打って塁上でいつにも増してカッコ良かったイチローのあの瞬間を
俺は、これから忘れる事は無いだろう
こんなに嬉しかったのは“トリノ”の女子フィギュア以来だな・・・
(オ~~~~結構最近!!!!)
こうなったら、是非、決勝でキューバを下し
世界一になって欲しいものだ
20060319212101.jpg

 しかし、準決勝で敗れはしたものの、7試合で6勝1敗だった韓国は素晴らしかった
特に2次リーグでは、力でねじ伏せた感じもあったアメリカ戦を含め
3勝で勝ち抜けたその戦いっぷりには感服した
韓国の野球の凄さを見せつけるのに充分だった・・・
しかし、唯一の敗戦が準決勝だったのは残念だった
WBCも組み合わせが、何とかならなかったんだろうか
短期間の間に、日韓戦が3試合もあった
準決勝位は日本VSドミニカ、韓国VSキューバでも良かったんじゃないの???

スポンサーサイト
2006/03/19 21:22 | 阪神タイガース | コメント(0) | Trackback(2) | pagetop↑
Tribute
 今日は3月19日・・・
Tribute.jpg
やはり、この人の記事でしょう
不慮の事故で亡くなった・・・ランディ・ローズです
OZZYのところで残した、スタジオ盤は2枚
“Blizzard Of Ozz”と“Diary Of A Madman”なんだけど
とてもメロディアスなギターを奏でる人だった・・
又、切ない感じやドライブ感のあるプレイもイイ感じだった
(全部イイのかよ・・・)
まあ、そこいら辺にOZZYもゾッコンだったと思うんだけど
気持ち的にも決別の意味で出した感じのある作品が・・・
“Tribute”この作品だと思います
しかし、この人ライブでは結構ハードな感じで弾いていてくれて
そこら辺りも、ナカナカ聴きモノなんですよ
サバスの曲も何曲か入っていますが・・・
なんと言っても、OZZYのソロの楽曲が素晴らしい出来(まあ当然といえば当然なんですが・・・・)
特にShinyanは、ドライブ感たっぷりの“Steal Away (The Night)”がお気に入りです
まあ、生前の彼のライブが聴けるのはこれしかない訳ですから・・
(もっと残して欲しかったのは、多分俺だけじゃない筈・・・)
スタジオの2作品の後、OZZYと決別しクラッシックの畑に帰る筈だった
とか言われているが・・・・今となってはねえ
そして、いつか彼の没年を超えている俺がココには存在している
そうして今年も又、こうして彼の事を回想しCDを聴く
多分きっと来年も・・・・
まあ、彼岸みたいなもんで恒例行事になっているんですが
(又、ダラダラと書いちゃった・・・反省)
では、又明日・・・




2006/03/19 19:59 | MUSIC | コメント(2) | Trackback(1) | pagetop↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。