スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
THE JAM
 ご存知、ブリットポップの騎手“ポール・ウェラー”の在籍していたバンドである。
先日、このバンドの一番気に入っていたCDをCDを整理中に見つけて
最近良く聴いている、それがこれ
20060108233034.jpg
「Setting Sons」がそれである・・・・
THE JAMの4枚目のアルバムにして、俺の中では最高傑作なアルバムなんです
しかも、シングルで出された”イートン・ライフルズ”は初めて全英で一位を獲得した曲なんです
この後、バンドは大御所の仲間入りをして
シンプルで熱いロックバンドから脱皮していくんですが・・・
まあ、そこいら辺は又、機会があれば書くとしまして・・・

 何と言ってもポール・ウェラーの凄さなんですよね
この後、「Style Council」「Paul Weller」となっていく訳ですが
本質的には変わっていないと思うんですが、バンドと言う形態でやることが完成したら、サッと解散・・・で次に移って又、成功!!!
なんて芸当は、なかなか出来ないと思うんだが・・・
その辺は、彼の凄さなんでしょうね
軟派っぽかった「Style Council」もジックリ聴くと、とってもバランスのとれた良いグループであった訳でして
まあ、最後あたりは多少、しんどい感じだったですが・・・
で、ソロ名義になってからは、以前のファン(Style Councilのファン辺り)を意識的に削るようなアルバムを発表し(でもそれが、原点回帰みたいで良かったのだが・・)現在に至っている訳ですが・・・
そんな才人ポール・ウェラーの若き日の才能が一杯詰まった
THE JAMでした

 作年末から気になる事がありまして、気持ちの中で、少し“もやもや”した感じが合ったんですが
先日、無事解決しました(とはいっても、じぶんの気持ちに整理をつけただけなんですが・・・)
Blogも辞めようかな?なんて思っていましたが
これからも、続けていく事にしました!!!
何時も来てくださっている方、これからも変わらず応援ください・・・・
Shinyan 2006.1.8


スポンサーサイト
2006/01/08 23:41 | MUSIC | コメント(5) | Trackback(4) | pagetop↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。