スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
なんてこった・・・・
ゲイリー・ムーアの死を悼む声が続々』だってよ・・・・・嘘だろ・・・・・なんだよ・・・・なんでだよ・・・・

もう一回観たかったなあ・・・・・
110207_garymoore.jpg
ちくしょう・・・・
スポンサーサイト
2011/02/07 23:52 | MUSIC | コメント(1) | Trackback(0) | pagetop↑
あ~~~楽しかった
昨日の夜は久々に踊りまくって叫んで楽しかった
wsst1118b.gif
2011/01/11 01:04 | MUSIC | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
AC/DC Black Ice Tour at Kyocera Dome Osaka
ついに体感出来た・・・・念願だったAC/DCのLIVE
昨日は声は枯れ、首の後ろの鈍痛(ヘッドバッキングのしすぎ・・・)に悩まされたものの
この充実感と虚脱感の間で暮らせる心地良さは何なんだろう??
あの、一瞬があるからShinyanはこうして今日も前向きに暮らして行けてるだろうな・・・きっと

 昨年の11月位にチケットを入手して以来、なんどチケットを取り出して眺めた事だろう
疑似体験でしか無かったあのLIVEを目の当たりにした興奮と
同じ時代を生きれた事の幸福を感じながらこうして3月16日を振り返ってみよう

 会場には3時位到着して、速攻で業販に並んだけど・・・早くも大渋滞・・・
いつも思うんだけど、もっと早くに開店出来ないものかね・・・そしたら混雑具合も少しは緩和できるんじゃないのかな・・・
でもってShinyanはT-シャツとタオルと『デヴィル・ホーン』を購入
goods_00959_1.jpg


で、腹ごしらえをしてゲート付近に帰ってみると
和製アンガスのパフォーマンスが・・・ジャック・ブラウンに似たお兄ちゃんが自慢の星条旗パンツを披露してたよ♪
笑っちゃった♪
022_convert_20100318214715.jpg


 で、会場に入って開演を待つだけに・・・・
19:00を少し過ぎた辺りでステージにあるスクリーンに現役感タップリなアニメが・・・

大音響と共にスクリーンが割れて『Rock N' Roll Train 』が・・・
イントロと同時にShinyanの体中から・・・・出ちゃったよ・・・アドレナリン!!!
で首を振ると惨事が・・・・さっき買った『デヴィル・ホーン』がピューーーッて何処かに飛んで行っちゃった
まあ、探すのもアレなんでそのまま叫んで拳を突き上げて大声で歌つつ更に首振って取り合えず1曲終了・・・
慌てて、周りを探したら・・・ありましたよShinyanの角・・・もう。ココからは着用しない事に・・・

セットリストは以下の通り

1. Rock N' Roll Train
2. Hell Ain't a Bad Place To Be
3. Back In Black
4. Big Jack
5. Dirty Deeds Done Dirt Cheap
6. Shot Down In Flames
7. Thunderstruck
8. Black Ice
9. The Jack
10. Hells Bells
11. Shoot to Thrill
12. War Machine
13. High Voltage
14. You Shook Me All Night Long
15. T.N.T.
16. Whole Lotta Rosie
17. Let There Be Rock
-----------------------------------------
Encore
18. Highway To Hell
19. For Those About To Rock (We Salute You)

そうそう、コレが見たかったんや!!!コレが体感したかったんや!!!等と感慨に浸りつつ時間は確実に進む・・・
本当は一曲ずつ語りたいとこなんだが・・・何曲かピックアップして・・

『Dirty Deeds Done Dirt Cheap』これが一緒に唄いたかったんや!!!

『Thunderstruck』そうかぁ『Thunder!!』言うとこではスクリーンにロゴの真ん中の奴が出るんか・・・

『Hells Bells 』ウォーーーーブライアン走っとるがな!!!!もう63やのにカッコ良すぎるやん

『Shoot to Thrill』これはShinyanが一番好きな曲なんや、将にこの手拍子がしたかったんや・・・
          なんぼ腕がだるーても最後まで納得いくまで叩き続けるんや・・・

『War Machine 』なんなんやこのアニメ・・・面白すぎて如何にもAC/DCやんか・・・ええなあ~~

『T.N.T.』さあさあ!!!みんな「オィッ!!オィッ!!」言うんやで出来るだけ大きな声で!!!そんで拳を振り上げるんや!!!

『Whole Lotta Rosie 』なんや!!!思ったより人形・・ふんわりしとるやんそれにデカイ!!でも結構可愛いやん
           コレが見たかったんや
           叫べ!!!!叫べ!!!!「Angus!!」「Angus!!」
             049_convert_20100318214754.jpg

『Let There Be Rock』うわーーーーもうタマラン!!!!かっこ良過ぎ!!!アンガス・・・
          最高やなこのオッサン!!!なんか死んでもギター弾いてそうやな・・・
          あかん、気持ちが高揚しすぎてどうにかなりそうや・・・そうや!!!
          叫んだれ!!!「ウォ~~~~!!」
          051_convert_20100318214859.jpg

とまあ・・・こんな感じで進んでいったんやけど・・・・

"Encore”になったら急に寂しい気持ちになりだして・・・・あと2曲でこの楽しい感じが終わるんか・・・
と思ったら無性に叫びたくなってきて、いままで以上に叫んで拳上げて、首振ってしまった!!!

『For Those About To Rock (We Salute You)』出てきた出てきた大砲!!!
                     「Fire!!!」「ドコ~~~~ン!!!」大砲の音がホール内で反響してものスゴええ音になってるわ!!!
                     まだ、まだ「Fire!!!」「ドコ~~~~ン!!!」

一応。これで暫く日程空いてるし日本最終やったから、もう1曲演ってくれへんかな??って思っていたけど・・・
虚しく追い出しのアナウンスが・・・・

LIVE後はAC/DCファンが集う「HARD ROCK CAFE」に一目散!!!
結構早めに到着して、カウンターに席を取りました・・・近くに座っていた見ず知らずのAC/DCファンと
杯を重ねあれこれLIVEや音楽についてウダウダ話す・・・・これぞ至福の一時・・・
終電に間に合う様に後ろ髪ひかれながら「HRC」を後に・・・
055_convert_20100318214513.jpg


で・・・・電車で約1時間・・I-POD でAC/DCを聞きつつ半分夢心地で最寄の駅に迎えに来てもらった"奥さん”の車に乗ったら"奥さん”が・・・・
「Shinya・・・角光っとるで・・・」・・・・
どうやら・・・・ずっと、角付けたまま夢心地で帰ってきてたみたい・・・まあ、ええか・・・

しかし、2日経ってこうして思い出してみても、エエ一日やったなあ・・・
こういった一瞬があるからShinyanは今日も前向きに暮らして行けるんだよ・・・きっと
同じ時間が共有できた事の興奮と、同じ時代に生きて体感出来た事の幸福を感じながら
AC/DCという”唯一無二”のROCK BANDをこれからもずっと追いかけて生きたいと思う

SGをOLD MARSHALLに突っ込んだだけのシンプルな構成であの音・・・素晴らしい
永遠のギター小僧なんだよ多分

それにマルコムのGRETSCH・・・音良過ぎ・・・開演前のサウンドチェックの時に驚いちゃった

思ったより存在感があったのがクリフ・・・

まあ、フィルは想像通りCOOLでかっこよかった

最後はなんと言ってもブライアン・・・楽しそうに歌うんだなコレが・・・こっちまで嬉しくなったよ

最高!!!だったよAC/DC・・・やっぱり、体感しないとね・・・本当に日本に来てくれてありがとう!!
だから、ROCKは止められないんだよね・・・・
最後の来日なんて言わないで、是非又来て欲しいものだ・・・・

さあ、来月は21年振りに来日の人間国宝なんて言われてるあのオッサンのライブだな・・・
あ~~~~タマラン・・・・・



PS...しかし、海外のAC/DCのLIVEを見ると、人が(人の群れが)波の様にうごめいている
  あの中に入って、波の飛沫になってみたい衝動に駆られるのはShinyanだけじゃあない筈
  実際、今回のLIVEでもShinyanも含め、周囲から少し浮いた感じで尋常じゃなく盛り上がって居る人を何人も確認  したが・・・
  これが、全体に波及しないとShinyanの理想とするAC/DCのLIVEとは少し違う・・・・
  まあ、それが国民性なのかも知れないなあ・・・・少し残念・・・
  
2010/03/18 22:07 | MUSIC | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
鬼に笑われよう・・・
 来年の事を言うと『鬼に笑われる』なんて言うが・・・・・
今回のネタは来年の話、大いに笑われよう


 来年の3月に大好きなアーティストが来日公演を行う
先行抽選でチケットは既に入手、ネットで今回のツアーのセットリストも入手
i-podにも入力してジョギングの際には予習を怠らずと言う日々が続いている
 チケットの良席の入手にはファンクラブかオークションだと良席が入手出来るだろうが
オークションで業者を儲けさせるのも腹が立つし、まあプロモーターの先行抽選を信じて
入手したチケットの席を運命だと信じて楽しむ事にした
取れた席は一応アリーナで、不確かな座席情報に寄ると・・・
キャットウォークの先端に結構近い・・・まあ、行ってからの楽しみって事でこれで納得
後は無事来日してくれて当日を待つのみ・・・・
さあ、楽しむぞ!!!!

待ってろ!!!
            AC/DC!!!!

28644396-28644397-large.jpg
2009/11/18 00:14 | MUSIC | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
東京スカパラダイスオーケストラ LIVE at 姫路城 『トーキョー・スカ激情!』
 去ること5月16日に“世界遺産・姫路城”の三の丸広場の特設ステージで行われた
東京スカパラダイスオーケストラのLIVEに参戦してきた
以前から音楽番組やBSでオンエアーされるLIVEの様子を見て
一度は行ってみたいと思って居たんだけど、今回は野外だし何ていっても大好きな姫路城で演るとあっては行かない訳にはいかない・・・・
チケットの発売日に2枚チケットをとって、未だLIVE経験の無いShinyanの“娘さん”と出掛ける事にした
なんていっても野外ですから天気予報が気になって居たんだけど・・・・
週間予報は確実に雨・・・・まあ、雨のLIVEも良いかなと思って当日会場に着くと小雨
でもって広場に立派なステージが・・・・
F1010172.jpg
全席指定でパイプ椅子がビッシリ並べられて居た
Shinyan達の席は13列目のかなり右側だったけど、ステージは良く見えた
席は横に100席縦に50列・・・・・(照明の櫓が在ったんで実席数は4000位だったらしい)

肝心のライブはと言えば・・・・・
正直驚いた!!!!
いや~~~~~~こんなに楽しいライブだったんだ・・・突き抜けた・・・・
途中のMCでバリサクの谷中が「戦う様に楽しんでくれ!!』なんて言っていたが
まさにその通り・・・・戦う様に楽しめた・・・・
楽しませる壺を心得てると言うか・・・実にタイミング良く客を煽る・・・
それにどの曲も踊れる・・・実に踊れる・・・(まあ、スカだもんね・・・)

それにメンバーが皆カッコいい・・・まあ、何がカッコいいって立ち姿からカッコいい
楽器を鳴らすと更にカッコいい・・・・
流石この道20年の“スカ道”を極めた面々である
142.jpg
休憩は無く1時間45分位ぶっ通しで・・・・ガンガン攻める
客席は頭から総立ちで踊りっぱなし♪
勿論Shinyanも年甲斐も無く、踊りまくっちゃった・・・・・♪
お陰で翌日は若干筋肉痛・・・勿論・・・娘さんもだが・・・・
寒いだろうと思って長袖を着ていった事を正直2曲目で後悔した・・・

セットリストは他から拾って来たものを貼り付けるけど

PARADISE BLUE イントロ
Like Jazz On Fire
Tongues Of Fire
A Song For Athletes
Heaven's Door
CallFrom Rio
Warriot Chant
Natty Parade
One Eyed Cobra
そばにいて黙るとき
銀河と迷路
疾風の剣
ルパン三世'78
THE LOOK OF LOVE
すでにステディ
さよならワルツ
Preide Of Lion
White Light
PARADISE BLUE

  アンコール
You'll Never Walk Alone
Raindrops Keep Falling On My Head
Down Beat Stomp

Shinyanはどうも『太陽にお願い』があった気がするのだが・・・・・まあ、それは置いといて
やっぱLIVEは最高ですよ!!!雨のLIVEも又良いもんだ・・・・
特に雨の日限定(勿論野外ONLYだが・・・)の『Raindrops Keep Falling On My Head』は嬉しかった
又、LIVEの『Preide Of Lion』は特に盛り上がる♪



それにLIVEで『銀河と迷路』が聴けたのには正直驚いた・・



バランスの取れた実に良いステージだった
いや~~~本当に楽しかった・・・又、暫くこの余韻で暮らしていけるなあ
なんと言っても、良いLIVEは生活の“肥し”ですなあ・・・・

しかし・・・・THE WHO・BAHO・東京スカパラダイスオーケストラ・・・・
        如何にもShinyanらしく・・節操がない・・・・・・・・・(笑)





2009/05/26 21:15 | MUSIC | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
唯一無二
 昨夜、コンビニに行って帰って来ると
奥さんが「Shinyan・・・清志郎・・・死んだんやって」と俺に告げた・・・・
「エーーーー」と声が出て、気持ちからポッカリ何かがか抜けた・・・残念だ・・
咽頭ガンで治療していたのも知っていたし
復活コンサート後に腰にガンが転移して再び治療に入ったのも知っていた
いつかこんな日が来るであろう事もウッスラではあるが想像の範疇だったが・・・
実際この日が来るとヤッパリ、ショックでなんとも言えない・・・

 RCサクセッション/ザ・タイマーズ/HIS/23's/リトル・スクリーミング・レビュー等
彼が参加したバンドやユニットは結構あるし参加したアルバムなんて言うと数限りないんだけど
ヤッパリ一番は『RCサクセッション』だろうな・・・
初期のフォークロックっぽい感じから、後期のブラスをふんだんに入れたソウルな感じまで
『清志郎』のリスペクトされた音楽が全て詰まった感じである
一声聴くと彼だと解るその声やSOULは誰にも真似できない、唯一無二の存在だったと思う
ライブで見せるROCKな彼とインタビューやドラマ等で見せるシャイな彼のギャップも魅力の一つだった
これで、映像でしか彼の姿を見る事は出来なくなってしまったケド

でもって今日寄った店のDVDのコーナーで彼の作品を見つけた・・・・・
     速攻で買った・・・・・
         直ぐに観た・・・・
忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館 [DVD]忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館 [DVD]
(2008/05/28)
忌野清志郎

商品詳細を見る
この作品なんだけど・・・・・
始まりは抗がん剤の影響でスキンヘッドになった彼の髪が伸びていく写真のコマ撮りから始まっていく
なんだか・・・・悲しくて胸がつっかえてしまった・・・・・涙が流れた・・・・
武道館のステージで彼にしか似合わないであろうサイケなスーツを着て
何時もの感じでグイグイ押してくるステージングはタイトル通り"完全復活”だと思って居た
このステージから1年3ヶ月しか経ってないんだケド・・・・

『清志郎』はこれからもズットShinyanの心の中では生き続ける・・・
             『清志郎』アリガトウ・・・・・そして『愛してますBaby!!!』
忌野清志郎という唯一無二の存在をShinyanは生涯忘れない
彼のSOULのこもった作品をこれからもずっと聴き続けるだろう
俺も何時かそっちに行ったらライブ見に行くよ・・・きっと・・・・・

アリガトウ・・・・・
      お疲れさん・・・・・
それじゃあ・・・・又・・・・・清志郎・・・・・
2009/05/03 23:36 | MUSIC | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
BAHO LIVE TOUR 2009
 チケット発売の日の朝に、奥さんに並んで現場のホールで貰って買って来て貰って
楽しみにしていた『BAHO LIVE TOUR 2009』に参加してきた
早い時間に行ってユルユルと時間を過ごすつもりが・・・・
出発時間が遅くなりバイクで出掛ける事にした・・・・・バイクにして正解だった道中の道の混雑ったら・・
着いたら開演10分前位だった・・・ヤバカッタ・・・・
ちなみに『BAHO』とは"関西を代表するベテラン・ギタリスト石田長生と、関東を代表するスーパー・ギタリストCHARによる2人組ユニット"~gooによる~である。
 今は昔20年前、大阪駅のコンコースで行われたライブが初めてのライブだった
その模様はNHKでO.Aされて
当時は未だ若かったShinyanもBetaのビデオに録画して何度も見た・・・
二人がアコギを爪弾きながら、軽口を叩きつつ進めるライブはとても面白かった
その後何度か、TVで彼らのライブを見ては居た
特に、宮川左近ショーの暁照夫の三味線と演芸場の舞台でセッションする様は特に面白かった。
機会があれば、是非一度はライブを見てみたかったんだが・・やっと実現した・・・
ba.jpg


 『祝成人ハタチの出張』と銘打った今回のツアーは2部構成になって居た
一部では、司会者のパーカッションも出来る司会者MAC清水が進行役で
CHAR研究員の竹中さんとISHIYANおっかっけの石田さん(勿論本人)が出て来て
BAHOの歴史を振り返る事から始まる。
ここでは、今迄とCharとISHIYANの座り位置が違うので
奥さんに頼んで、舞台に向かって左の最前列をゲットしてもらったShinyanは
(中央のブロックはファンクラブの席のためにとれなかった・・・)
ISHIYANサイドの席のつもりだったんだけど、一部ではCharが近くで観れた・・・・
しかし、阪神タイガースの応援ユニフォーム何枚着とんねん・・・ISHIYAN!!!

 二部は普通の構成なんだけど・・・・
途中で凄いギターが・・・・・Charのギターには2・4・6弦が
ISHIYANのギターには1・3・5弦が張ってあって・・・・これで二人で一曲を演奏する
聴いている分にはサラッと聴けるが・・・・これは相当に難しい・・・・。
これでストーンズの(Jumpin' Jack Flash)を演って居た・・・・見応えがあった
途中で入るISHIYANのチョーキングは絶品だった・・・(笑)
やっぱりギターが上手いって言うのはカッコエエな・・・まるで夢心地になって来たところで・・
一応、終了・・・・そしてアンコールは『SMOKY』・・・
で・・・・又々アンコール・・最後はやっと総立ち!!!
曲はPINK CLOUD時代の『UNKLE JACK』・・・
しかし・・・最高のライブやったわ・・・・・
ISHIYANの「アミーゴ」も「Everybody 毎度! On the Street」も聴けたし

  これやからライブは止められへんねん・・・・・





2009/03/09 23:12 | MUSIC | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。