スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
桂米團治落語の会
 今月の中旬にShinyanの暮らす街で今年二度目の『桂米團治落語の会』が行われた
前回は1月にShinyanが暮らす街のホールで盛大に行われた(収容人員800人程度)独演会だったが
今回は文学館の講堂(収容人員300人程度)で行われた落語の会・・・・キャパ的には丁度良い感じの会だった
高座も文字通り講堂の床面から2m位上がった所に雛壇が作ってあり、
椅子もホールみたいにすり鉢状ではなく床に上等なパイプ椅子が並べてあり、手作り感たっぷりの実に良い会だった。

 演者は本日の主役"米團治”の一番弟子の「桂 米市」
それに、噂では本来なら5代目米團治を継ぐ予定だった今は亡き"吉朝”の弟子「桂 佐ん吉」
そして本日の主役「桂 米團治」の御三人さん
チケットは往復はがきで申し込んで先着順で販売だったんで、Shinyanの"奥さん”に頑張って並んで貰って
前から4列目の中央の席を入手、でもって本日の同行者は知人の奥様二人・・・
で・・Shinyanの席は真ん中・・・まあ、両手に華??見たいな感じで見せて頂く事になった

 お囃子が鳴り出して最初は始めて見る「桂 米市」演目は「子ほめ」
一杯おごって貰いたい一心で、友人の子供を褒めて散々な事になる噺である・・・
まあ、緊張した・・・多分、演者が一番緊張していたんだろうが緊張感が伝わってくる感じがした
如何に人前で喋るのが商売とは言え、そりゃあ緊張もするわな・・・こういうスリリングな感じが若手は面白い

 次は「桂 米團治」の「七段目」芝居好きの商家のボンの噺なんだけど・・・
まあ、上手い!!!こういう芝居ネタを演らせたら・・・多分、上方では一番エエ味が出せるんちゃうかな??
先ず、本人に品があるのがエエわな・・・流石に二代目・・・これぞサラブレッド言う感じやな・・・
最高!!!
PN2008100401000620_-_-_CI0003.jpg

 次は高所恐怖症の「桂 佐ん吉」実はShinyanこの噺家さん何度目かになる演目は「手水廻し」
田舎の旅館の主人たちが「手水」の意味が解らずに右往左往する噺なんだけど・・・
「佐ん吉」実に上手い!!!・・・多分、習ったのは上方の爆笑王「桂 雀々」だと思うんだけど・・・
チョット、オリジナルの香りがしたりして大変面白かった・・・高座が高くて緊張したのが良かったのかも・・?なことないか・・

 で、本日「桂 米團治」二題目は「皿屋敷」例の「一枚たりな~~~いのお菊さんの噺なんだけど・・・
師匠のこのネタ今回で二度目なんだけど・・・・面白い、間の取り方とか目線とかが絶妙なんだな・・・
しかし、こういう芝居がかったネタは得意とするネタというか・・・・師匠に合って居るんだろうな

 ここで、「中入り」・・・・
最後は本日一番楽しみだった「フィガロの結婚」あの有名なオペラの話を落語で演るという
高座に上がる前には会場を一周して挨拶して廻るハプニング付き
まあ、このネタ・・・クラッシック音楽にも造詣が深い、師匠ならではの創作落語・・・しかも、ピアノの伴奏付き
(ちなみに、ピアノは牛屋真紀さんとおっしゃる方・・・)
それに出演者は皆大阪弁・・・「スザンナあんた何ゆうてはりまんのん・・」と言った具合である
面白くない訳が無い・・・
多分、オペラで聴いて創造する人物像より、大分緩い人物が創造出来るのはヤッパリ大阪弁のせいなのかな??
演目が終わってから、米團治師匠のピアノ演奏が聴けたり
牛屋真紀さんがショパンの「子犬のワルツ」を弾いてくれたりと・・・とっても愉しい良い会でした
同行した友人の奥さんと「面白かったなあ・・」なんて言いながら帰路につきました
(ちなみにの友人のお子さん第一志望の大学に無事合格されたそううで・・・オメデトウございます!!!)

 しかし、何度同じネタを見ても笑える落語って・・・一体なんなんだろう??
あの、座布団一枚の上が、暗い夜道になったり、井戸になったり、過去になったり・・・
それに丁稚になったり、幽霊になったり、伯爵になったり
素晴らしいエンターテイメント!!!そして世界観・・・・生涯止めれそうに無いなあ~~~
スポンサーサイト
2010/03/25 23:37 | 落語 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
桂米團治独演会
 先だっての日曜日に今年初めての落語会に出掛けた・・・
今年初めてとはいえ、ブログにアップはしてないが昨年最終の落語会が12月26日だったので一ヶ月も明いていないのだが・・・・
昨年末は『桂米朝一門会』だったが・・今回は『桂米團治独演会』である
同じ落語会でも『一門会』と『独演会』だと随分感じが違う
まあ『一門会』はバイキング料理、『独演会』はその噺家さんのフルコースと言った感じだろうか
実は昨年のこの会は『桂米團治 襲名披露公演』だったので是非行きたかったのだが・・・・
チケットの手配が後手に廻ってしまい、立ち見しか無く・・・参加を断念した
今年は昨年の雪辱を果たす意味でも速攻でチケットを入手してこの日を楽しみにしていた

 米團治の演目は三題
稽古屋』『天狗裁き』『高津の富』の三題
どれも米團治にはハマリネタだと思う
特に『稽古屋』の踊りのお師匠はんの辺りの艶気等は絶品だと思う・・・・米團治の為にこのネタが在るのかと思う位良い
『天狗裁き』は確か昨年の何処かの落語会で他の噺家サンの演じるのを聴いて居たんだが・・・
ヤハリ演者が違うと違う感じを受けるから面白い・・・ヤハリ『米團治』良い・・・なんなんだろう???この品の良さ
ヤッパリここら辺が国宝の息子たる所以なんだろうか・・・??
落語ファンの話を聴くとどうやら、襲名が決まって以降でカナリ感じが変わって来たらしい
やはり、この世界では名前が芸事を左右するんだろうナア・・・
最後は『高津の富』ネタのあらすじは知っていたけど聴くのは初めて・・・・・
面白い♪愉しい♪それに良いネタなんだなコレが・・・やっぱり上方落語最高!!!
『米團治エエなあ~~~~』今日は米團治のフルコースで満腹でした。
artist_20091003112139_1.jpg

これだから、落語会は止められないよね・・・・
この、空気感というか雰囲気と言うかライブってタマラナイ!!!!
でもって、来月は『一門会』今度はバイキング楽しんで来ちゃおっと!!!


2010/01/27 00:17 | 落語 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
『地獄八景亡者戯』 by 桂 雀々
 最近、スッカリ楽しみの一つとして定着してきている“落語”なんですが・・・
上方落語には『地獄八景亡者戯』と言う大ネタがある
Shinyanの大好きな落語家『桂 雀々』がこの大ネタを演ると言うので出掛けて行った
開催される場所は『サンケイホールブリーゼ
チケットの発売日をスッカリ忘れて居たんで・・・後手に廻ってしまい1F席が取れずに取れたのは2Fの一番前
初めて行くホールなんで「どんな感じかな??」等とドキドキしながら会場に・・・・
コレが流石、都会の独演会は違う・・・・先ずは有名芸能人からの花が会場の入り口の所に並べてあり
更に、会場に来られて居るお客さんが結構ドレスアップされててビックリ・・・
Shinyanが暮らす街辺りで行われる独演会とは少し印象が違う・・・如何にも華やかで良い感じ
で、会場に入って自分の席に着くと、コレが結構良い感じ
初めて2Fの席から見たんだけど、コレはこれで面白い・・・・

 演者と演目は桂紅雀「道具屋」
         柳家喬太郎「すみれ荘二〇一号」
         桂雀々「一文笛」「地獄八景亡者戯」

桂紅雀さんは落語会でたまに見掛ける若手さん
問題は次の柳家喬太郎・・・・・・
                    614Lxd5AQ7L.jpg
このお方の「すみれ荘二〇一号」と言うネタ・・・・これはかなりヤバイです・・・・
もう、面白すぎ・・・・TVとかで東の落語家さんのネタを見ていてもあんまり興味は無かったんですが・・・
この方は別格、もう一回聴きたいと思いました・・・・笑った・・・・

 会は進みいよいよ『地獄八景亡者戯』へ・・・・
楽しみにして、レンタル屋でCDまで借りて予習して望んだ大ネタ・・・最高でした
話にグイグイ引き込まれ、自らも“亡者”になってしまった気がしてきちゃうから不思議
やっぱり生だとこの感じが最高なんですよね・・
ボートで三途の川を疾走する『横山やすし』やムーンウォークを決めるM・ジャクソン等織り込みつつ進み
あっという間の1時間越えの大ネタでした・・・・
しかし、師匠・・・落語家になる為に産まれて来たんじゃないかと何時も思ってしまう程面白い
このネタが聴けて良かった・・・
ヤッパリ     雀々    最高!!!! 

jaku2.jpg

 で・・・・会が終了後は友人と待ち合わせて会場の近くの『お好み屋』で生をグイっと・・・
本当に今日は締めくくりまで最高の一日だった・・・
旨かったなあ「トンペイ焼き」・・・





2009/11/27 00:00 | 落語 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
桂 吉弥 独演会
 カナリ前の話になるが(blogの更新をサボって居たんで仕方ないが)・・・・
Shinyanが暮らす街から1時間程度北に行った町ねホールで『桂 吉弥 独演会』が催され
Shinyanの『息子さん』と一緒に参会してきた・・・・
『桂 吉弥』さんは最近の落語ブームの立役者の一人である
某国営放送の朝の連続テレビ小説『ちりとてちん』の「徒然亭草原」役で出ていたあのお方である
蜷雲convert_20091005233328
その語り口は柔らかく品があって表情が豊富で大好きな噺家さんの一人である
それに、何時もは一人で行く落語会も今回はナント!!!本人の希望で『息子さん』と一緒に・・・
親が言うのも何だが、この『息子さん』あんまり勉強のほうは苦手みたいで・・・・
落語を聴きに『行ってみたい』と本人は言うものの・・・・
人の話を聴いて想像を膨らます落語が楽しめるのかな??なんて思いつつ会場に入った
地方の町の会場らしく、入場者に年配の方がカナリ多い・・・

『吉弥』さんの落語は3題
『皿屋敷』『ふぐ鍋』『七段目』の3題
流石独演会・・・・吉弥ワールドを堪能出来ました
それにコノ独演会・・・チケットが安い・・・・なんと1000円・・・・イマドキ・・・・コノ価格・・・・良心的・・・・


若手の演者の落語の最中に客の携帯の着信音が鳴ったりして・・・
ドギマギしたが、雰囲気の良い実に良い会だった
思春期の彼との距離感が掴みきれない今
『息子さん』と実に良い時間が持てた、又来年も開催されたら来ることにしようっと
と、思いつつ会場を後にした。

落語最高!!!





2009/11/15 23:06 | 落語 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
桂米朝 一門会  ~野洲文化ホール~
 6月7日の日曜日に『桂米朝 一門会』を観に野洲文化ホールに出掛けた・・
電車で2時間位掛かるんだが、出演される噺家さんの面子が良いので思い切って出掛ける事にした
チケットの手配が後手に廻り、お世辞にも良いとは言えない席だけどココは少し辛抱・・・
会場時間位に現場に着き会場を待つ事に・・・・
落語会は何処に出掛けても若干年齢層が高い・・・Shinyan等はこの会場ではカナリ若い方である
時間になって会場に入って席に着くと後ろの方だが、結構舞台もシッカリ観れる場所だった
ココは今まで行った大きな会場より席が急な感じで設けてあって、どの席からも良く見えるみたいだ・・・
021_convert_20090617001841.jpg

 程なくして出囃子が鳴り会が始まった
最初の演者は“桂 さん都”この方は”桂 ざこば”の一番弟子”桂 都丸”の弟子である
つまりは“ざこば”の孫弟子という事になる
“枕”と呼ばれる落語に入る前の話が始まったんだがどうも声が聞こえ辛い・・・
隣の夫婦も同じような事を話していた・・・マイクの調子が悪いのか、PAの設定が甘いのか?
まあ、どちらにせよこの落語会を楽しまなくては・・・
気合を入れなおして落語に集中したいのだが・・・
“枕”が終わり落語に入った辺りから急激に『睡魔』が襲ってきた・・・・
ココが思案所である、断腸の思いでこの演者の会を寝てしまうか騙し騙し切り抜けるか・・・
重大な決断が必要になって来るんだが・・・
決めかねている内に現実と夢の間を行ったり来たり・・・・来たり行ったり・・・・
そうこうしてる間に『つる』が終わってしまった・・・結局現実と夢が3:7位だった(後悔)
しかし、こうして始めの方に出て来られる噺家さんは比較的、リズミカルに同じような抑揚で話されるので夢の世界に行き易い
Shinyan的にはあの睡魔の具合で3:7だと自分が良く頑張ったほうだと思う・・・・しかし少し反省・・・

 お次の出番は『桂 吉弥』某国営放送の朝の連ドラに出て以来大人気の噺家さんである
Shinyan自身もチョット暖かい感じで噺っぷりに色気があって好きな噺家さんである
枕はいつも通り大爆笑!!!
演目は『親子酒』酒好きな親子の酔っ払いの話なんだが・・・
吉弥が演じる酔っ払いは非常にキュートである、まあ可愛気が無いと落語的な噺にはならないけど・・・
ソレを差し引いても特別キュートである・・・Shinyanも一気に目覚めた!!!
人を引き込む話術は睡魔に勝るのである・・・素晴らしい!!!
013.jpg

 次は『桂 南光』師匠の出番・・・しかし名前と顔が一致する落語家さんがこう次々と出てくるのは贅沢な会ですな・・・
枕は『桂 米團治』襲名披露公演の珍道中・・・・笑える・・・面白すぎ・・・最高。。。。。。
演目は『義眼』・・・・コレは初めて聴く話なんだけど導入部が凄い
「新しくした眼の具合はどうですかな?」で始まる・・・・枕からイキナリそれである。。。面白かった
南光師匠は何時も飄々とした感じで話されるがその空気感が面白い
2_01.jpg

 コレで中入り
中入り明けは『桂 雀々』師匠の出番
Shinyanが最も好きな落語家さんでこの方は肉体系落語家とでも言いましょうか・・・
躍動感溢れる舞台でさながら活動写真的な(あくまでも映画ではない)落語を聞かせてくれる
演目は『代書』この演目実に良く当たる・・・・コレで三度目である・・・
しかし何度聴いても面白いのが落語の不思議なところ・・笑えた・・・面白かった
天職って言うのはこの人にとっての落語なんだと何時も思う
で、ソレが実際こうして生で聴ける・・・・実に至福の時である
20090618jy.jpg

 本日のトリは『桂 米團治』今回はこの噺家さんが一番楽しみにしていた
何度かTVでは高座を観ていたが生では初めて・・・・
襲名披露公演ではチケットの手配が全て後手に廻って一度も観れずに居たもんだから愉しみにしていた
高座に上がって居るだけで華がある・・・流石に努力するサラブレッドは違う・・・
演目は『皿屋敷』面白かった、ヤハリ艶があった・・・又是非観たいと思った
20090518.jpg

 しかし、落語会と言う奴は・・・・・
行く度に深みに嵌りドンドン浸かって行く、観たい噺家さんが増え聴きたい噺も増えて行く
もう、抜け出す手立ては無い・・・・電車に揺られて2時間行く価値は充分過ぎる位あった
実に良い会だった・・・・・面白かった・・・・・又行こうっと・・・






2009/06/16 23:43 | 落語 | コメント(1) | Trackback(0) | pagetop↑
独演会という名のLIVE!!!
 チョット前の話になるんだが・・・・
知人と一緒に『桂 雀々』の独演会に出掛けた
開演に間に合う様にと思って出掛けてみたら・・・
会場を間違えて居て大慌てで会場まで走って、ギリギリセーフだったなんて事はさて置き

 まあ、独演会はそれこそ贔屓の落語家の噺がタップリ聴けるんで落語会としては最高である
今回は250人位のキャパの会場だったんだけど、落語にはコレ位が丁度良い感じかな・・・??
まあ、1000人規模にもなってくると、演者の息遣いや躍動感が伝わりにくいんでイマイチかなと思うんだけど
でも、1000人の笑い声って揺さ振られる感じがして最高だし・・・(で・・どっちやねん)
まあ、どっちにしても落語会は良いって事で

 今回の演目は『代書』と『愛宕山』
彼の師匠である“枝雀”もこの演目は得意だった様でCDやDVDでも聴く事が出来るんだけど
又、彼は枝雀に一番近い弟子なんでは無いかと思う訳で、結局は超えた超えないの話になる
Shinyan的には『代書』は既に師匠のそれを超えていると思う・・・・
掛け値無しに面白い!!!
特に噺に出て来る人物のキャラクターが際立って居る
師匠の言っていた「緊張と緩和」の間の取り方も素晴らしい!!!
又、聴きたい・・・・・

『愛宕山』に関しては知人が面白い事を言って居た
その知人は彼の大師匠である『人間国宝』の“桂 米朝”のそれを聴いた事があるらしいんだが
“米朝”はその中で京言葉と大阪弁を使い分けて居たらしい、それを聴くと・・・・
まだまだなのかと思ってしまったケド・・・・
Shinyanは彼の演じる人物の躍動感や空気感に魅了されっ放しなのでコレはコレ、ソレはソレで良いと思う
落語なんで一人で何人も演じる訳なんだけど・・・彼が演じる人物は顔まで違って見えるから不思議である
(コレが前座になると誰が誰やら・・・??なんて事になるんだけどね)

まあ、何にせよ・・・
今回もメチャメチャ楽しめた・・・・ヤッパリ躍動感や空気感が感じれる落語会・・・・
音楽も落語もヤッパリLIVEが一番良い!!!
又、行こうっと!!!
prof02.png雀々最高!!!!
2009/05/08 20:04 | 落語 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
雀々・噺を聴く会
 昨日は、『雀々・噺を聴く会』というのに出掛けた
昨年、娘さんの学校の主催で行われた落語会以降この世界にどっぷり浸かってしまった・・・
チケットを買っての落語会は二月の『米朝一門会』
『米朝一門会』以来二度目なんですが独演会は始めて・・・・
なんと言ってもやはり独演会・・・・
贔屓の噺家さんの噺がタップリ聴ける・・・・コレが醍醐味
それに今回は自由席・・・・開演時間の二時間位前には現場に到着
ホールの前で待ってると・・・・私服姿の師匠が到着・・・・
声を掛けようかと思ったが流石に開演前なんで遠慮した
しかし、演者より早く到着するとは・・・・Shinyanもナカナカの熱の入れよう・・・・
待っている間に、ホールの中から太鼓と三味線と笛の音が♪
ヤッパリ音合わせってするんだな・・・・等と感心してるとお客さんが増えだして並びました
勿論一番先頭で並びました・・・・開場後は一番前の正面の席を確保・・・
廻りはオジサンやオバサンばかり・・・ヤッパリなって感じ
まあ、廻りによってドウコウなるって言う物では無いんで良いと言えば良いんだが・・・

三時に開演だったんですが・・・・終演は五時半位
雀々師匠のネタは二本『鶴満寺』と『たぬさい』・・・実に躍動感溢れる舞台だった
時間の経つのが早いこと早いこと・・・・
終演後は師匠のサイン会・・・・皆さんは購入された師匠の本に・・・
で・・・Shinyanは持参した師匠のDVDにサインして頂いた
コレで又、宝物が又増えた・・・
20090322141830.jpg
目茶目茶・・・面白かった
又、来月の独演会も行こうっと・・・・・・・
2009/03/23 23:30 | 落語 | コメント(0) | Trackback(0) | pagetop↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。